Amazon輸入

交渉で使える英語

こんばんは(*´∇`*)

今月は人と会う機会が多く、土日ほぼ全滅と言う

嬉しい悲鳴がおきています!

が、若くないので体力が・・・(ノд-。)あぅ。。

 

私はConnectと言うコミュニティで交渉の翻訳のお手伝いをさせて頂いております。

コミュニティの方には叱られるかもしれませんが(;´▽`A“

今日はちょっとだけ英語を紹介したいと思います。

 

まず、英語の書き方ですが、相手と同じ単語を使う「反復」を毎回行っています。

例えば「送料」と言う単語でも

Shipping charge, Freight Fee, Shipping cost

など、色々な単語があります。

例えば自分がShipping Chargeと書いてメールを送ったとして

相手からの返事にShipping Costと書いてあれば、

次の返事からは私もShipping Costと書きます。

単語は多少違えど、意味は同じなのでお互い共通の言葉を使うことで

変な誤解はなくなると勝手に思っています。

 

次に気を付けていることは、文章は始まりと終わりはThank youを使います。

始まりに使う英語

Thank you for your reply. (定番の英語です)

Thank you for your prompt reply. (すぐに返事が来た時)

Thank you for your quick action.  (すぐに行動してくれた時)

Thank you for your consideration. (交渉に応じてくれた時など)

 

終わりに使う英語

Thank you for your cooperation in advance. (協力してもらいたい時)

Thank you for your understanding in advance. (相手に理解を求める時)

Thank you for your patience in advance. (返事を待ってもらう時など)

 

Thank you で始まり Thank youで終わるとお互い気持ちが良いかな?

と勝手に思っています(笑)

人と人との繋がりなので、感謝の気持ちは忘れずに伝えたいです。

 

と、全て私が勝手思って実行していることなので責任は持てません(笑)

 

今日の記事が少しでも参考になれば幸いです(^-^)

 

===============================

過去に高額で販売されていた教材が今なら無料で手に入ります!

無料で教材を手に入れる

 

LINEも登録すると良いことがあります!!

<LINE@登録特典>

LINE特典1 谷口による「30日間」コンサルティング権
LINE特典2 コンサル生限定!リサーチ解説動画「10時間」

教材をもらってLINEも登録する

 

ブログランキング参加中です。

応援お願い致します

↓ ↓ ↓ ↓

共有:

関連記事

  1. 船便のスケジュールの見方
  2. 広告バナー作成をしてみたものの・・
  3. Connectのセミナー
  4. サポート業務と承認欲求と物販2
  5. その先に未来が見えますか?
  6. コミュニティ運営の難しさ
  7. 自分で通関するってホント!?
  8. 「稼がせてください」は間違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP