輸入ビジネス

やっぱりコミュニケーションでしょ!

AIには負けたくない・・・

最近とあるプロジェクトの専属通訳をさせて頂いております。
(たまにはカッコ良く書いても許されるよね!?w)
大げさに書いてみましたが、これまで単発でちょくちょく翻訳をさせて頂いていた方が
何やら大きなことをやろうとしています。
最初はセラーからメールの返事が来ないから電話して欲しい
と言う依頼だったのですが、やはりやる事が大きいので電話の内容も濃く、長い。
1回の電話で1時間近くかかります。
 
3人のLINEグループを作成し、連絡はそこで。
質問しても回答が来ない時は電話。
これまで3回ぐらい電話しましたかね~。
 
そしてある日セラーが言ったのです。
来月日本に行くから時間とれるかな!?

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
 
さすがにこんなに話していると私もそのセラーに会ってみたいです。
その件で話をしていて、金曜日にご飯を一緒に食べて
コミュニケーション取ってお互いをもっと知りましょう。
そして月曜日に打ち合わせをしましょう。
私(セラー)の国ではコミュニケーションはとても大事です。
お互いをもっと知って良い仕事をしましょう!
と言われました。
 
語学系の仕事はAIが発達するにつれて減ると言われています。
例えば難しい契約書の翻訳などは取って代わられるかもしれません。
Google翻訳も昔に比べたらはるかに精度が上がりました。
がしかしですよ、機械ですよ!機械。
機械は感情を持てるのでしょうか?

と強がっていますが、トーンとか声のリズムなど研究されているらしいので
ある特定の人の特徴を学習して、同じ調子で話すロボットが現れるかもしれませんね。
でも負けたくないんです(そもそも勝ち負けでは無い、と言う突っ込みはお控えください(;´▽`A“)
機械が感情を持っているかのようになるのはまだまだ先であって欲しいです。
決してAIを否定しているわけではなく、素晴らしい技術だと思います。
気軽に海外の人とコミュニケーションが取れるって素晴らしいことだと思います。
でも人間の感情って十人十色だし、深く繊細なものだと思っています。
だから私は少ない語彙力を駆使してでも、自らの口と感情で相手と会話がしたいな、と思いました。
 
今でもメールより電話、電話より対面が良いと言うのはありますが
今後もずっと、どれだけAIが発達してもこのスタイルは変わらないで欲しいと願います。
 

負けねーぞっ

 

ブログランキング参加中です。

応援お願い致します

↓ ↓ ↓ ↓

 

関連記事

  1. PCが故障しても慌てない方法
  2. サポート業務を行う利点
  3. これは・・ヒドい(笑)
  4. 「稼がせてください」は間違い
  5. アメリカから電話がきました
  6. Connectからの卒業
  7. 「回復ドライブ」の作成 (Windows10)
  8. Connectについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP